1台のLoRaゲートウェイでどれくらいのデバイスに対応できますか?

LoRaゲートウェイはWiFiルータなどとは異なり、ゲートウェイとデータ送信元デバイスが常時接続されているわけではありません。LoRaWAN対応デバイスはデータ送信前にゲートウェイの空きチャンネルを調べたのち、データ送信時にのみそのチャンネルを利用しデータを送付します。同時にデータを送信できる数はLoRaゲートウェイが持つチャンネル数、AL-020であれば8となりますが、小さなデータをランダムに送信するようなユースケースの場合、より多くのデバイス数を1台のLoRaゲートウェイでカバーすることができます。特に上限などはございませんが、チャンネルが占有され続け、データの再送待ちが頻発するとデバイス側のデータ送信がタイムアウトするなどでデータが送れなくなることはおこりえます。

以下はあくまでソラコム試算ですが、ユースケースごとに必要なLoRaゲートウェイの台数の目安となります。環境や条件によっても必要な台数が変動しますため、大規模導入の際は事前にソラコムまでお問い合わせの上、台数の見積もりを行なってください。

 

※1時間もしくは1日あたりのメッセージ数(1回のデバイス毎のデータ送信=1メッセージ)を算出いただき、上記ソラコム試算値と比較いただければと思います。尚、LPWAは高頻度でデバイスとゲートウェイが通信する場合に不向きなケースがございます。そのようなご利用を想定されている場合はセルラーなど、ゲートウェイを介さずデバイスから直接データを送付する方式をご検討ください。

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk