LoRaで通信する際のセキュリティはどのように担保されますか?

LoRaWAN spec規定の通り、すべての通信はAESベースでCipher/Integrityを担保しております。

また、デバイスとネットワークサーバーでは、あらかじめ PSK(Pre Shared Key:事前共有鍵)を双方で事前共有しておき、通信を行う際はこららの鍵で暗号化と正当性の確認を行います。ソラコムで販売中のデバイスはOTAA(出荷後に無線経由で書き込む方式)に対応しています。ABP(製品出荷時に鍵を格納しておく方式)には対応しておりません。

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk