SORACOM Air for LoRaWAN で利用できるサービスは何ですか?一度に複数のサービスに対してデータ送信できますか?

SORACOM Air for LoRaWAN に対応したデバイスから送信されるデータはは Beam, Funnel, Harvest と組み合わせて活用いただけます。

以下のドキュメントで解説している Unified Endpoint が自動的に有効化されていますので設定に応じて Beam, Funnel, Harvest のそれぞれに同時に送信できます。

Unified Endpoint とは | 開発者ガイド | SORACOM Developers
https://dev.soracom.io/jp/unified_endpoint/what-is-unified_endpoint/

各サービスの使い分け例

  • Beam: データを HTTP /HTTPS でお客様が構築しているシステムに転送する
  • Funnel: データを AWS IoT や Amazon Kinesis, Microsoft Azure Event Hubs などのクラウドサービスに転送して活用する
  • Harvest: データをユーザーコンソール上で可視化する、ダッシュボード作成/共有サービスの SORACOM Lagoon に連携する

LoRa グループ設定にて上記の 3 サービスのうち、必要なサービスの設定を有効にしてご利用ください。

 

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk