Air SIMを別のアカウントに譲渡(移管)できますか?

 

譲渡(移管)の前提ステータス

SIM の状態が購入・登録直後のステータスである「準備完了(ready)」であれば、SIM を別のオペレーターに譲渡(移管)できます。「準備完了(ready)」以外のステータスの SIM は譲渡できませんので、譲渡する前提で SIM をご購入された場合は譲渡が完了するまでその SIM でのデータ通信を利用しないでください。

SIM を譲渡(移管)できるステータス

  • 準備完了(ready)
    ただしこのステータスで SIM をデバイスに挿入してデータ通信を開始すると「使用中 (active)」に推移します。その場合は移管できなくなるので注意が必要です。
    他のステータスに遷移した SIM を「準備完了(ready)」に戻すことはできません。

SIM を譲渡(移管)できないステータス

  • 使用中 (active)
  • 休止中 (inactive)
  • 利用中断中 (suspended)
  • 解約済み (terminated)

 

譲渡(移管)の手順

まず、SIM の譲渡元で SIM を譲渡するための操作を行います。

  1. ユーザーコンソールの「SIM 一覧」画面にて、譲渡したい SIM を選択します。
  2. 右クリックで表示されるメニューより「他のオペレーターへの譲渡」を選択します。これで譲渡元での操作は完了です。

譲渡元での操作が終わったら、SIM の譲渡先で受け取りを行います。

  1. 譲渡先のオペレーター IDに登録されたメールアドレスに、SIM が譲渡されたことを伝える通知メールが届きます。
  2. 譲渡先のオペレーター ID でユーザーコンソールにログインした状態で、メールに記載されている URL にアクセスし、SIM の受け取りを行います。これで SIM の譲渡は完了です。

 

譲渡前後で発生する SIM の基本料金について

譲渡前後で発生する SIM の基本料金は、譲渡日の前日分までは譲渡元のアカウント、譲渡日以降は譲渡先のアカウントに課金されます。

4/1 に SIM の譲渡を行った場合

  • 3/31 までの基本料金は譲渡元アカウントに課金されます。
  • 4/1 以降基本料金は譲渡先アカウントに課金されます。

発生する基本料金については料金表をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?

2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk